フルネームのはんこは実印におすすめ!素材や相場などを紹介

印鑑66

実印はさまざまな場面で必要となるはんこです。特に人生において重大な契約などをする際に使用されるため、成人したり就職したりするタイミングで作る方が多いです。しかし実印に使用されている文字や素材はさまざまなので、どのようなはんこを作成するか迷う方も多いでしょう。

そこで今回は、実印の概要やレイアウト、素材などについて詳しく解説します。

愛用のはんこを長持ちさせる工夫と洗う理由について

実印とは?

実印というのは、住民登録をしている市区町村の役場で登録して認められた印鑑のことです。戸籍上の名前を彫ったものを使用し、1人につき1本のみ登録できます。登録する印鑑については市区町村によって規定が定められており、一般的には8mmから25mmの正方形に収まり、欠けにくい材質のものとされています。

そして、文字が切れているものや外枠がないもの、氏名以外の文字が入っているものなどは登録できません。また、大量生産され市販されている印鑑は複製される危険性があるため、基本的には使用できないでしょう。印鑑を実印として登録する場合は、登録したい印鑑と身分証明書、300円ほどの登録費用を持って役場に行きましょう。

なお、登録できるのは15歳以上です。そして登録が完了すると、「印鑑登録証」がもらえます。もしも最初に登録をしたA市からB市に引っ越した場合は、住民票を移動した時点でA市の印鑑登録が無効になるので、改めてB市で登録をしてください。

実印はどんなときに必要?

印鑑85

そんな実印が必要になる場面はさまざまです。たとえば家や土地などの不動産を購入するとき。また、場合によっては賃貸住宅を借りる際にも必要になることがあります。さらに、個人間で自動車を売買し自ら所有者の移転登録申請をするときや、遺産相続をするとき、保険金を受け取るときなどにも必要なことがあります。

このように実印は、法律上の権利や義務が発生する契約や手続きなどを行うときに必要なものであり、はんこの中では一番重要な役割を持っているのです。そのため、銀行印などの他のはんこと併用したりすることなく大切に扱い、契約内容などをきちんと確認してから捺印する必要があります。

さらに、不動産の登記についての手続きをするときや公正証書を作るときには、印鑑証明書の提出が求められることもあります。印鑑証明書というのは、書類に押された実印が本当にその人のものかどうかを証明するためのもの。

実印の印影や登録番号、氏名や生年月日などの必要事項が記載されています。必要なときは、印鑑登録証と手数料を持って役場に行けば発行してもらえます。

実印はフルネームや下の名前のみで作ることが多い

実印を作るときに入れる文字としては、さまざまなパターンが考えられます。たとえばフルネーム。実印はフルネームで作るというイメージを持っている方も多いでしょう。フルネームで作っておくと、苗字だけの場合よりも人と被ることが少ないというメリットがあります。

また、同じ苗字の親族間で誰のものか分からなくなるというハプニングも防げますし、偽造される可能性も低くなるでしょう。なお苗字だけで作ることもできますが、自治体によっては禁止されていることもあるので、事前に確認してくださいね。

さらに、下の名前だけで作ることも可能です。特に結婚したら苗字が変わる可能性がある女性の場合は、名前だけを彫って作ることが多いです。フルネームで登録した後に苗字が変わり実印を作り直す必要がなくなりますし、結婚後に夫婦でどちらの印鑑か分からなくなることもないので安心でしょう。

男性でも苗字が変わる可能性が高い場合は、名前だけで作ることをおすすめします。なお、名前でひらがなやカタカナが使用されている方もいるので、もちろんそれらを使うこともできます。ただし、住民票の名前が漢字なのに実印でひらがなを使用するということはできません。

文字数によって異なるレイアウト

実印のレイアウトはさまざまです。たとえば苗字や下の名前が1文字の場合は、中央に文字を配置します。また実印は縦書きが一般的なので、2文字以上の場合は縦に並べることが多いでしょう。フルネームを入れるときには右に苗字が、左に名前が入ります。

なお苗字が3文字、下の名前が1文字などの場合はバランスがややとりにくいので、1文字の下の名前を大きめに彫ったりして調節します。

実印に適している素材

印鑑75

実印は欠けにくくて丈夫な素材が適していますが、何で作ればいいか分からない方もいますよね。たとえば一般的に使用されることが多いのは、チタンです。チタンは熱に強いですし侵食性などにも優れているので、長く愛用することができるでしょう。

そして金属アレルギーを起こす心配もなく、誰でも使うことができるのです。さらに、耐久性に優れている水牛の角も人気があります。黒水牛やオランダ水牛の角が使用され、1つとして同じ模様がないという特徴があります。

黒水牛の場合は黒色でシックな雰囲気なので特に男性から人気が高く、オランダ水牛は白地に茶色の縞模様で、やわらかい雰囲気を持っています。さらに高級印鑑としては象牙があります。象牙にしかない美しさに惹かれる方も多いでしょう。

日本では古くから囲碁の石などさまざまなものに使用されてきた素材でもあるので、日本の伝統文化も感じることができます。現在象牙の国際取引は停止されているので、希少価値も高いですよ。また、女性に人気が高いものとしては水晶や天然石が挙げられます。

これらのパワーストーン素材は開運効果などもあるため、石が持つ効果によって選ぶのもおすすめです。パステルカラーの石を使用すると、華やかで綺麗な印鑑ができあがるでしょう。

実印を作るときの相場

実印は素材によって相場が異なります。

たとえばチタンは15,000円前後、水牛は7,000円前後です。

また象牙は高級素材なので価格が高いことが多く、30,000円前後でしょう。そして水晶の場合は10,000円前後です。

さらに素材だけではなく、手彫りか機械掘りかという作成方法によっても相場は異なります。一般的には手彫りのほうが価格は高くなりますが、通販サイトなどを使えばそれほど追加費用を払わなくても手彫りを選択できることもありますよ。

自分だけの実印を作りましょう

実印は人生において必要となることが多いものですし、一生使い続けるものです。そのため、長持ちする素材を使用して自分だけの実印を作成してみてください。またフルネームでも下の名前だけでも作ることができるので、自分にとって使いやすいレイアウトで作りましょう。

また、成人祝いや就職祝いとしてプレゼントするのもおすすめです。

Posted on