はんこの製作を依頼するのが不安?それなら基本的な知識を覚えておこう!

印鑑54

はんこはビジネスからプライベートまで、日常での様々な場所で欠かせないアイテムです。

これから新たにはんこが必要になり、お店やネット通販等で製作を依頼するケースがあるはずです。ただし一口にはんこといっても種類は様々。

しかも使用するシーンごとに、慣習として使い分けが決まっていることも珍しくありません。そこではんこの基本的な知識について、ここでは詳しく解説することにします。

愛用のはんこを長持ちさせる工夫と洗う理由について


はんこにはどんなタイプがあるのか?

一般的にはんこと呼ばれるもので真っ先にイメージできるのが、認印ではないでしょうか。家で配送された荷物を受け取る際に使用したり、職場で書類にサインとして用いるなど、日常のあらゆるシーンで目にできる、汎用性の高いタイプと言えます。

この認印よりもやや重要性が増すシーンで使用されているのが、銀行印です。その名称の通り、銀行といった金融機関等を中心にニーズが高いタイプです。新規口座を開設する際の登録印として、あるいは送金や支払い等でも、このタイプが必要になることがあります。

最後に紹介するのが実印です。名称だけは耳にしたことがあっても、実際に使用したことがない方もいるはず。このはんこは条例に基づいて市区町村に登録し、印鑑証明として使用できるものです。個人で使用するはんこの中では、極めて重要性の高いタイプと言えます。

例えば不動産や車の売買をするシーンでは、この実印が欠かせません。

個人で使用する以外にも様々なタイプがある

ここまで紹介してきたはんこは、あくまでも個人印。会社といった法人組織では、個人印とは別に法人印を使用するのが原則です。さらに法人印であっても、使用するシーンごとに様々なタイプのはんこが存在します。その中で最もスタンダードなものといえば、会社印でしょう。

ビジネスの世界では角印の通称で知られており、使用頻度の高いタイプです。刻印には会社名の他、団体名や店舗名あるいは事業所名など、何らかの法人名を彫刻するのが基本です。また使用シーンについても、会社の認印として使用するケースや、領収証または請求書といった各種の書類へなつ印するなど、幅広く頻繁に使用されています。

法人印としてもう1つよく知られているのが、代表者印です。どのような法人であっても、代表取締役や理事長あるいは所長など、必ず組織を代表する者が存在します。その代表者のはんこを法務局へ登録すると、会社の実印として使用可能になり、通常の業務で各種の公式書類に押印できるようになります。

さらにこれに加え、役職印と呼ばれるはんこもあります。法人組織では代表者以外にも、様々な役職で呼ばれる幹部役員や従業員を抱えているケースがよく見られます。これらの人員が役職名や肩書あるいは氏名等を入れて使用するのが、この役職印です。

主に法人組織内の業務の上で必要になる認印として、あるいは取引先との対外的な資格印などとして、ビジネスの世界では幅広く使用されています。法人印でもう1つ忘れてはならないのが、法人銀行印です。ビジネスでは銀行といった金融機関との関わりが、必要不可欠になります。

法人口座を開設したり、融資を受ける際など、金融機関との取引においてはこの法人銀行印が大いに活躍します。

はんこの種類ごとに刻印の書体を使い分ける

印鑑66

はんこには様々な種類がありますが、そこに刻印する書体にも、同じように多種多様なものがあります。

そしてはんこの用途にしたがって、書体も使い分けることが求められます。まず日常のあらゆるシーンで最もよく使用されている認印には、誰でも読みやすい楷書体が一般的。

また丸みを帯びた流線的な行書体も、読みやすさに美しさも加わって、認印として人気の高い書体です。さらに個人だけでなくビジネス上の認印でよく採用されるのが、古印体と呼ばれる書体です。重量感のある太めの線で、字によってはところどころ途切れて見えるのが、主な特徴です。

印章彫刻では古くより日本独自の書体として親しまれてきました。はんこの慣習が根強い業界にあっては、会社印をはじめ代表者印や役職印、さらに法人銀行印や割印など、幅広く活用されている書体です。てん書体も個人からビジネスまで、様々な用途のはんこで見られます。

古くは中国の秦王朝時代ごろまで発祥を遡ることができる、歴史のある書体です。難読性が高いため、偽造防止されにくいのがメリット。またこの書体であれば、カタカナやアルファベットの文字でも、バランスよく仕上がります。

カタカナやアルファベットが含まれる社名あるいは店舗名であれば、この書体のはんこが最適です。そのてん書体を意匠化したのが、印相体になります。別名で吉相体と呼ばれることもあります。文字をはんこの枠部分にまで絡めるようにつなげる、独特の書体を特徴とします。

難読性がより一層高いため、重要な取引で使用される会社印や代表者印あるいは法人銀行印等では、この書体を採用する傾向が数多く見られます。

印材の種類や特徴も知っておく

印鑑57

はんこの製作を依頼する際には、自分のニーズや好みに最適な印材を選ぶことも、重要になります。採用する印材ごとに見た目の雰囲気が大きく変わるだけでなく、強度や耐久性にも違いがあるので、長期間の使用になるほど優劣がハッキリするからです。

ここからは主な印材について、幾つか紹介していくことにします。

木系印材の種類や特徴とは?

はんこの素材でオーソドックスなものならば、木系印材を挙げることができます。はんこにふさわしい木の種類が豊富なので、昔から印材として多種多様な木材が採用されてきました。例えば柘はその代表格であり、伝統的な木系印材の1つ。

適度な硬度と粘りがあるため、スムーズな印章彫刻で美しい仕上がりを実現できます。もう1つ優れた木系印材として注目したいのが、オノオレカンバです。はんこ生産の本場である山梨を発祥としており、硬度が高い反面、朱肉の乗りや捺印性に優れている点に、大きな特徴があります。

ちなみにオノオレカンバの名称は、斧が折れるほど硬い木という意味から由来します。

石系印材の種類や特徴とは?

木系印材と並んで石系印材も、はんこの素材では古くから使用されてきた伝統的なタイプです。印材としての種類も豊富ですが、特徴として共通するのは、硬度が高いため摩耗に強く、耐久性に優れている点です。また採用される石の種類が豊富な分、カラーや色合いに様々なものがあり、石系印材ならではの風合いや見栄えを楽しめます。

代表的なものを挙げるなら、やはり高い人気を誇る水晶でしょう。クリスタルの別称でも知られ、透明感のある美しい輝きが、人々の目を惹き付けます。

角系印材

最後に紹介したいのが角系印材です。その名称の通り動物の角を素材としており、主に牛の角から採用されています。この印材の特徴は、何といっても柔軟性に優れていること。これは牛の角が繊維構造になっているためです。

柔軟性があることによって、落下などの衝撃に強く、押印しやすい点にメリットがあります。高級な角系印材としては、黒水牛が有名。漆黒の重厚な外観が、高級感を一層引き立てます。

はんこの基本的な知識を抑えれば、初めての製作依頼でも安心!

ここまで紹介してきたように、はんこには刻印の書体から素材まで、多種多様なタイプがあります。そして使用する目的ごとに、はんこの種類を使い分けることが求められます。もし初めてはんこの製作を依頼するならば、まず自分のニーズや好みをよく把握することが大切です。

その上で、目的に合ったはんこの種類を見極める必要があります。

はんこの基本的な知識を抑え、余裕をもって製作依頼できるように準備しましょう。

Posted on